僕はヒーローになりたい〜KAZULOG〜

30目前のサラリーマンの逆転物語・・・になるはず。

超アウトローなマンガ! 面白すぎる怖いけど読みたくなる漫画を紹介するよ!! 《READING》

【スポンサーリンク】

アウトローな漫画って皆さん好きですか?

 

ウシジマくんとかが映像化されていることもあって皆さんよくご存知なんじゃないでしょうか?

 

私はこういう裏社会を描いたえぐい漫画っていうのを定期的に無性に読みたくなるんですよね。

 

今日はそんなウシジマくんよりもかなりやばいマンガを見つけ、この前の休みで一気に読んでしまったマンガがあったので、紹介したいと思います。

 

はっきり言ってかなりヤバい漫画です。私が今まで読んだどの漫画よりも描写、ストーリーがえぐい気がします。

例えたらウシジマくんの『洗脳くん』のエピソード級がほとんどを占めている感じ。

分かんないかwww

 

まあとりあえず今回紹介するのはヤバい漫画ってことだけ伝えておきます。

 

作品紹介

 

①シマウマ / 小幡文生 (ヤングキング 連載中 既刊12巻)

 

あらすじ:

「俺は知らなかった…
この世の中には奴隷や家畜…
それ以下の世界がある事を…。」

始まりは、一通のメールだった。

 

そこに添付されていた動画は、
グジャグジャの仲間の顔、体に何本も刺された割り箸、そして抜き取られた一対のアバラ骨…。

 

数日前にヤクザをボコボコにしてしまった事から
ドラは、闇の世界に足を踏み入れる・・・。

 

回収屋の仕事とは?
シマウマの正体とは、いったい・・・?

 

 

総評:

どうですか?

導入部分のあらすじだけでも『ゾワっ』っときませんか?

 

ちなみにこのタイトルにもなっているシマウマですが、これは主人公の名前ではありません。

回収屋のボスの名前がシマウマって言います。

 

主人公はドラって言います。

 

この漫画の一番怖くて面白いところは、まともな人が誰もいないというところ。

 

全員何かぶっ飛んでいます。

被害者も加害者も含めてね。

 

 

②ギフト±

 

あらすじ:

鈴原環は女子高生にして狩りのプロ。

その標的は、人…!

更正を期待出来ない犯罪者と、その肉体を必要とする患者。

需要と供給が一致した時、少女の“仕事”が始まる!

鬼才・ナガテユカが渾身の筆致で問う命の価値とは!?

日本の地下社会で極秘裏に行われる“臓器売買”の闇に迫る衝撃作!!

 

 

総評:

どうですか?

これも導入部分のあらすじだけでも『ゾワっ』っときませんか?

 

ただこの漫画がシマウマと違うのはやっぱり主人公が女子高生というところ。

 

なんだ。そんなことかって思うかもしれませんが、やっぱり主人公の画が女性なだけでなんとなくグロい感じが抑えられると思うんですよね。

 

ただ描写はリアルですよ。

 

この主人公、環という少女の冷徹な目は読んでいてゾワっとさせます。

 

ただシマウマと違い、この漫画はまともな人達が結構出てきます。

 

なので現実世界に打ちひしがれることはないと思うし、なんか希望を持って読めますよ。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

アウトローとは言っても、希望が見えないアウトローと希望が見えるアウトロー2つを紹介させて頂きました。

 

本当にどちらも非常にオススメの漫画です。

 

ちょっと裏の世界を覗いてみたいなっていう時に読んでみてください。

 

では。