僕はヒーローになりたい〜KAZULOG〜

30目前のサラリーマンの逆転物語・・・になるはず。

ついに4k 60fpsきた〜!! パナソニックのLUMIX-GH5は名品の予感。 《DIGITAL》

【スポンサーリンク】

さて久しぶりにデジタル系の紹介をしたいと思います。

 

なぜ最近していなかったのかというと、魅力的な商品(紹介したい商品に巡り会えていたなかったから)

ロマンのある、男心をくすぐる商品がなかったんですよね。

 

Appleの赤いiPhoneは本当に赤いだけだったしねwww

 

そんな中ついに出ましたよ。

 

超かっこいい一眼レフカメラが。

その1品とはパナソニックの『LUMIX-GH5』

 

商品紹介

 

簡単にまずはスペックの概要のうち自分がすごいなと思うところを10個。

 

スペック

 

① 2030万画素 ローパスフィルターレスイメージセンサー

② 4k 60p/50p対応。

③ 6K PHOTO (60 fpsの連写と同等??)

④ 動画フォーマットはMOV、MP4、AVCHD Progressive、AVCHD。

⑤ AFも強化。合掌速度は約0.05秒を謳う。

⑥ 225の測距点(GH4は49点)

⑦ 368万ドットEVF

⑧ 防塵防滴マグネシウムボディ。マイナス10度までの低温対応

⑨ デュアルスロットのカードスロット。

⑩ シャッター耐久性は約20万ショット。

 

すごいポイント

 

どうですか?

やばくないですか?

 

多分わかる人にはわかっていると思うんですが、わからない人のために上の中でも特にすごいポイントを説明しますね。

 

 

4k 60fps対応

 

fpsって何?っていう人のために。

 

多分4kというのは当たり前になってきているんで、みんな分かっていると思うんですが、60fpsの意味が分からないと思いますので説明します。

 

fpsとはframe per secondの略です。

日本語でいうと1秒間の動画を構成する画像の枚数という意味です。

60fpsは60枚の画像で1秒間の動画を作っています。

30fpsは30枚の画像で1秒間の動画を作っています。

 

この数字が増えれば増えるほど、動画を見た時に被写体がヌメヌメと動きます。

 

これが本当に美しいんですよね。

 

今まで販売されているカメラでは、4k対応のものは全て30fpsでした。フルhdと呼ばれるものは60fpsが標準だったんですけどね。

 

これが今回世界で初めて4kの60fps。

 

世界で初めてっていうだけで興奮しますよねwwロマンがあるじゃないですか。

 

 

デュアルスロットのカードスロット

 

さて上ですごいポイントにあげた4k60fps。

 

ただちょっと考えて見てください。

 

高画質の画像で且つ構成する画像の枚数が増えた動画ですよ。

もちろんですが、超〜〜容量を食います。

 

多分10GBで30分も録画できないんじゃないかな?

それくらい容量を食うんです。

 

だからこそそれを補うデュアルスロットのカードスロット。

 

これはSDカードをさすところが2つあるという意味。

つまり256GBのSDカードを2つさせば、512GBまでいけるということ。

 

これだけ容量があれば安心ですね。

 

しかもすごいのはこの2つのSDカードに動画保存用と画像保存用と分けて保存できたり、バックアップ用としても保存できたり、と色々設定できるそう。

 

これは地味にすごいところですよね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

これはすごい製品だと思います。まあ実際にこの1つ前の機種はGH4は名だたるユーチューバーさんたちが使っている名品だったので、まあ妥当といえば妥当なんですが。

 

ただ実際には4k60fpsに対応するだけの高スペックのパソコン(動画編集ができるだけのパソコン)がまだない状態なので、普及は難しいのかもしれません。

しかもまだ発売されたばかりで高価ですしね。

ちなみに現在の価格ドットコムでは最安値で233,160円(ボディのみ)

 

ただこういう商品ってそそられますよね。

 

お金に余裕がある方やどうしてもハイクオリティーのの画像、動画を取りたいという方は購入して見てはいかがでしょうか?