僕はヒーローになりたい〜KAZULOG〜

30目前のサラリーマンの逆転物語・・・になるはず。

時間とお金、生産性について考えよう。出来る人、稼いでいる人はこの2つを関連づけている。

【スポンサーリンク】

様々な本でも言われている時間とお金。

 

この2つは本当に密接に関係しています。

 

仕事の出来る人、稼いでいる人ほど、この2つを非常に大事にしていますね。

 

最近すごい時間とお金の使い方が上手な人とプライベートで出会ったので、触発されてこんな記事をかいてみます。

 

今日は普段時間ないなー、もっと稼ぎたいなーと考えている人に向けです。

 

もう十分稼いでいるよ、時間も腐る程あるよっていう人(そんなにいないと思うけど)は読まなくて大丈夫ですよ。時間の無駄になっちゃいますんで。

 

仕事の出来る人は・・・

 

一応私も世間的に大企業と言われる企業に所属しています。そして社内のみならず外部の方ともお話しする機会が多いのですが、自分がこの人賢いな、すごいなと思う人は間違いなく意識していることがあります。

 

それは生産性です。

 

もっと簡単にいうと、生み出すお金をその労力で割ったものって考えたらいいですね。

 

例えば、

①10時間で100,000円稼ぐ人は1時間当たりの生産性10,000円

②5時間で80,000円稼ぐ人は1時間当たりの生産性16,000円

 

生産性を考えたら、②の方がいいですよね。

 

頭のいい人、魅力的な人っていうのは、間違いなく②を選ぶんですよ。

 

私からみて魅力的じゃない人っていうのは生産性より、パッと見てわかる総額の高い方を選ぶ人が多いんですよね。

 

まあこれは分かりやすくする為の単純な例なんですけどね。仕事をしていると①を選んでいる人が多いんですよ。

 

どんなに目先でお金が儲かっても、後から莫大な時間を取られるものっていうのは賢い人は手を出さないですしね。

そして優秀な人、魅力的な人ってくだらない飲み会とか本当に参加しませんよね。まあ普通に考えてそうですよね。

3時間くらいくだらない話して、お金を3,000円くらい払ってってまぢでいいこと一つもないですもんね。

 

 

仕事のできない人は・・・

 

仕事のできない人、魅力的じゃない人っていうのは得てして目の前のお金、目の前の良いことしか考えられないんですよね。

 

だから残業したり、無駄な飲み会に行ったりしちゃうんですよ。

 

残業なんて目先のお金は稼げますけど、長い目でみたらマイナスになることの方が多いですよ。

絶対とは言い切れませんけどね。なぜなら日本の企業は残業する人を評価するおかしな風習があるから。まぢ早く無くせよな。残業上限100時間とかフザケンナヨ。

 

そして無駄な飲み会行っちゃうんですよね。目先の上司のご機嫌取りのために。本当に無駄。

 

残業や飲み会に行って将来確実にその会社の上層部になれるというならしたらいいでしょう。

でもそんなのごく一部です。

それだったら残業せずに家に帰って副業の勉強でもした方が何倍もましですし、生涯年収は増えると思いますけどね。

 

だから私は基本的に残業はしませんし、基本的にお世話になった人の送別会しか行きません。

だから不愛想で付き合い悪いやつだと思われてるんだろうなーwww

 

 

まとめ

 

まあグダグダ書きましたが、とりあえず時間当たりの生産性を考えて行動してみる。これが優秀な人、魅力的な人になる一番の方法だと思いますよ。

 

本当に意識するだけで全く変わると思います。

 

まあいろんな人が時間とお金については書いていますんで、色々ぐぐって参考にしてみてください。

 

 

個人的に一番のオススメは副業をしてみることですよ。

なぜなら私のようなサラリーマンは時間を作らないとマジでないから。どうやったら時間を短くして早く帰るかを考えるようになるから。

 

今では家で無料でネット副業は始められます。

 

何か新しいことをしてみると時間の感覚が変わりますよ。

 

では。