僕はヒーローになりたい〜KAZULOG〜

30目前のサラリーマンの逆転物語・・・になるはず。

実はみんなの憧れ!? 社内評価を落とさず社内ニートになるためのたった3つの方法

【スポンサーリンク】

社内ニートってみなさんご存知ですか?
そう、会社にくるだけで特に仕事の無い状態の人です。
昔でいう「窓際族」ですね。
 
今私は意図的にこの状態を作っています。
だってこれってすごく良くないですか?
 

社内ニートの良さって・・・

 
そもそも社内ニートって全く仕事のない人ですよね。
ただ私は意図的に自分で仕事を調整して暇な時間をつくるようにしています。だから厳密にいうと社内ニートとは違うのかな?
 
もちろん大事なのは社内の人には自分が社内ニートだと気づかれないようにしていまよ。社内の評価が落ちるのも嫌ですしね。
 
まあ会社にきて仕事をそこまでしていないという意味で社内ニートという言葉を使います。
 
この良さって何より時間的余裕ができるということなんですよ。
常に何かに追われながら仕事をするのって心身共に疲弊しますからね。
 
時間的余裕を作ることにより、心の余裕は生まれると思っています。そしてそれによりいろんな発想やいろんな事にチャレンジしようという意欲が生まれますからね。
 
っていうことはですよ、社内の人に気づかれない社内ニートって最高じゃね。
 
ちなみに私がブログを始めようと思ったのはこの社内でのネットサーフィン中に面白いブログを見つけたからでした。
そのブログの一覧や自分が普段見ているサイトはこちらの記事で書いているのでどうぞ。
 

私のある1日の流れは・・・

 
念のためある日の私の1日の流れを書いときますね。
 
09:00 : 出社、朝礼、掃除
10:00 : ネットサーフィン
11:30 : 資料作成
12:00 : 休憩
13:00 : 打合せ
15:00 : 資料作成
15:30 : ネットサーフィン
17:30 : 片付け
18:00 : 退社
 
こんな感じです。
言っときますけど、これ忙しい日ですからね。そんな打合せなんてないし。
 
労働時間8時間のうち、3時間30分もネットサーフィンしてるwww
 
ネットの履歴調べられたら一発でアウトじゃないのwww
まあこんなことにビクビクもしなくなりました。まあこういう生活を2年も続けていたらねww
 
ただこういうのがあるおかげで毎日楽しく仕事ができるんですけどね。
 
 

社内ニートになるには・・・

 
さあここからが本題。
そんな社内ニートの良さを言われても実際無理だよっていう方に社内ニートになるための方法をお教えします。
 
私は営業も経験して今事務職をしているので、どんな職種でも出来る時間を作る方法ですよ。
 
これは実際に私がしている方法ですよ。
 
 
①仕事の期限を延ばす
 
これが非常に大事です。
大体みんな自分のキャパ一杯まで仕事を詰めるんですよね。
 
そんな事をするから時間の余裕が無くなって心の余裕が無くなるんですよ。
 
だから私は上司にお願いされた仕事は必ず期限を聞きます。そして自分の出来るであろう時間よりも長めの時間がかかる事を伝えます。
 
例えば、3時間で出来るであろう資料作成を頼まれたら倍の6時間くらいかかるという旨を伝えますね。
理由は適当に言っとけばいいんですよ。確認するのに時間がかかるとかね。
 
とりあえず自分がMAXの力でやってかかる時間よりかなり多めに時間がかかる旨を伝えます。
 
これをするだけでだいぶ時間に余裕が出来ますからね。
 
 
②出来ない仕事は断る
 
これも非常に大事です。
 
新入社員の間は、何が出来て(得意で)、何が出来ない(不得意)か分からないので、断るという選択肢は無いと思いますが、2年目くらいになると自分で出来ないことくらい分かると思います。
 
そういった自分に出来ない仕事を頼まれた場合は断るのが一番です。
 
もし仮に断れなくても、自分がやったら時間がかかり、最悪の場合1人では出来ないかも、という旨をしっかり伝えましょう。
 
時間に余裕がない人を見ていると、本当になんでもかんでも引き受けてしまうんですね。
 
それで出来ない人は未だいいんですよ。
 
なまじ能力のある人はその仕事さえもこなしてしまう。するとまた更に仕事を振られる。そしてまた仕事を頼まれて永遠に仕事が減らない。負のスパイラルに陥っていきます。
 
こういう人って本当に不幸ですよ。最悪鬱とかになったりしますしね。
 
だからこそ仕事を断りましょう。
 
 
③急ぎ、緊急の仕事は誰よりも迅速にする
 
上の①、②ばかりしていたら、社内の評価も下がりますよね。
そりゃ仕事の期限も遅いし、仕事を断るってなったらねwww
 
だからこそ本当に急ぎの仕事っていうのは率先してやりましょう。
 
そしたら嫌でも社内の評価って上がるんでね。こいつは頼りになるやつだって勝手になりますから。
 
仕事にもよるかもしれないけど、災害時とかの緊急事態とかね。
こういうときには協力的になるようにしたらいいと思うよ。
 
 

まとめ

 
社内ニート。
それは会社員の理想像ですよ。
 
特にこれからの時代、会社だけに頼った生き方は危険ですからね。
 
いろんなところに情報を張り巡らすためにも、余裕のある時間管理をしないとね。
 
とことん会社を利用するっていう気持ちでいるのが現代を生きるサラリーマンの心得だと思いますよ。
 
では!!