僕はヒーローになりたい〜KAZULOG〜

30目前のサラリーマンの逆転物語・・・になるはず。

【一部ネタバレあり】 スパイダーマンホームカミングを見てきたよ! これは新しいヒーローだ!

【スポンサーリンク】

f:id:kazuloghard:20170815181911j:plain

今話題のスパイダーマン。
 
マーベルシネマティックユニバースにようやくスパイダーマンが登場ですよ。
 
マーベルシネマティックユニバースってなんぞや?っていう人はこのサイトをチェック。
 
僕はマーベルのことをこのブログで書くくらい好きなんです。
その記事はこちら

www.kazulog-hard.com

 まあこのブログの題名が「僕はヒーローになりたい!」だからねwww

 
なので公開日金曜日、仕事終わりのレイトショーで早速見てきましたよ。

 

結論からいうと、万人受けするヒーローではなく、マーベルとしてのスパイダーマンだね。
 
正直前作、前前作のスパイダーマンのほうが万人受けすると思う。
けど、個人的にはめっちゃ好きだった。
 
良かったポイント、いまいちなポイントをあげていくね。
まあイマイチなポイントは1個しかないんだけどね。
 
※一部ネタバレあるので注意!!
 

良かったポイント

①アイアンマンとの共演

f:id:kazuloghard:20170815182148j:plain

やっぱり色んなヒーローが登場するのっていいよね。
まあこれがマーベルシネマティックユニバースの醍醐味だから当たり前っていったらそうなんだけど。
 
しかも共演するのがアイアンマン。
予告から分かっていたことだけどやっぱりカッコイイ!!
 
しかも今回アイアンマンのスーツがメッチャカッコよくなってた。
 
画像探したけど、いいのがなかったから是非劇場で見てね。
 
 
スパイダーマンがアイアンマンに憧れてヒーローを目指すっていうのは今までのマーベル映画にはないいいところだった。
 
今までの作品は最初からみんなヒーローだったからね。
 
ヒーローになりきれてない学生から本当のヒーローになるまでが描かれていてよかった。
 
②スパイダーマンのスーツがカッコイイ
これが前作、前前作との大きな違いだね。
 
今まではタダのタイツだったのに、メッチャメカになってる。

f:id:kazuloghard:20170815182415j:plain

これはアイアンマンことトニー・スタークが作ったスパイダーマンのスーツっていうのが大きいんだろうね。
めっちゃカッコイイ!!
 
これは完全にアイアンマンをインスパイア受けてるもんね。
 
③スーツが無くてもヒーローということを描いているところが素晴らしい
今回映画をみたら分かるけど、途中からスパイダーマンのスーツはなくなります。
っていうかトニー・スタークに取り上げられるんだけどね。
 
終盤の戦いはスーツを着ないでバルチャー(敵)と戦います。
 
これが個人的にはかっこよかった。
 
今までのヒーローは敵と戦う時絶対にスーツ着てたじゃないですか。
 
今回はスーツなんて無くても、心があればヒーローになれるということを表現していると思う。
 
多分「誰かを守りたい」という気持ちがヒーローには一番大事ということを表現したかったんじゃないかな。
 

イマイチだったポイント

①ヒロインがあんまりかわいくない
今回のヒロインはMJ(歴代のヒロインはみんなMJなんだよね)じゃありません。
 
MJは最後にサプライズ的な形で発表されますが、今回のヒロインはリズという年上の女の子です。
 
ただどちらもそこまで可愛くないんだよね。
 
ちょっとここがイマイチだったかな。
 
 

まとめ

今回のスパイダーマンの物語はまだヒーローになる前のスパイダーマンなんだよね。
 
心が未熟だけど、成長するというのがテーマとして描かれている。
 
次回作のスパイダーマンではきっと本当のヒーローとしてのスパイダーマンが描かれるんだろうね。
そして次回作のスパイダーマンのヒロインはMJなんでしょう。
 
今までのマーベルヒーローにはない切り口のヒーローとしてすごい面白かった。
 
最初からカッコイイヒーローが好きな人は前作、前前作のスパイダーマンの方が好きだと思う。
それが最初に書いた万人受けしない理由だね。
 
個人的にはどのスパイダーマンも好きだけど、次作への期待という点では今回のスパイダーマンが一番かな。
 
実際今までのスパイダーマンも面白いから、是非見てから、それらと比べて見て欲しいかな。
 
 
 
是非みんなも見てみてね。
 
では!!