僕はヒーローになりたい〜KAZULOG〜

30目前のサラリーマンの逆転物語・・・になるはず。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は今の時代の大事な働き方を教えてくれる。

【スポンサーリンク】

f:id:kazuloghard:20170911185154p:plain

さて久しぶりに映画ネタですよ。
 
前から見たかったこの映画。
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
 
メッチャ面白かったよ。
 
特にネットとかで副業とかしている人は面白いと思う。
僕は個人的にこの映画はネット事業、副業に活かせる考え方を学べると思った。
 
なので、どういうポイントがこれからの時代に役立つと思うかみんなにシェアして行きたいと思う。
 
 

まずは映画の概要

f:id:kazuloghard:20170911185252j:plain

あらすじ:
1954年、シェイクミキサーのセールスマン、レイ・クロックに8台もの注文が飛び込む。
注文先はマックとディックのマクドナルド兄弟が経営するカリフォルニア州南部にあるバーガーショップ「マクドナルド」だった。
合理的なサービス、コスト削減、高品質という、店のコンセプトに勝機を見出したクロックは兄弟を説得し、「マクドナルド」のフランチャイズ化を展開する。
しかし、利益を追求するクロックと兄弟の関係は次第に悪化し、クロックと兄弟は全面対決へと発展してしまう。
 
スタッフ:
監督 ジョン・リー・ハンコック
製作 ドン・ハンドフィールド
   ジェレミー・レナー
   アーロン・ライダー
脚本 ロバート・シーゲル
 
キャスト:
マイケル・キートン    レイ  クロック
ニック・オファーマン   ディック・マクドナルド
ジョン・キャロル・リンチ マック・マクドナルド
 
 

これからの時代に役立つポイント

①とにかくいろんな事に挑戦する

f:id:kazuloghard:20170911185518j:plain

今回の主人公のレイ・クロック、後のマクドナルドの創業者だが、この人は様々な仕事をしていたらしい。
 
実際上のあらすじでもあるように物語の最初はシェイクミキサーのセールスマンだからね。
 
奥さんから「いつまで挑戦するの?」と呆れられる1場面もある。
 
これって現実世界はともかく、ネットの世界では大事なことだと思うんだよね。
 
ネットで次から次へと出てくるサービス。これにどうやって乗っていくか。
 
とにかく自分が魅力的だな、面白そうだ、と思ったものは挑戦していくのが大事っていうことを教えてくれる。
 
 
②キュレーションっていうのが大事

f:id:kazuloghard:20170911185727p:plain

今の時代、誰が何を作ったか?というのは特別大事ではない。
 
これをどう使うかっていうのが大事なんだよね。
 
マクドナルドは表向きはハンバーガー会社だけど、実は不動産会社だからね。
 
不動産、土地を自社で購入し、その土地でハンバーショップを運営しリース代で儲けている。
 
最初はハンバーガーだけで儲けていたんだけど、それだったら赤字になるっていうことで、不動産業を掛け合わせていったんだよね。
 
こういう考え方って大事だと思う。
 
プロ無職のルッティさんもそんなツイートをしていましたよ。
 

 

この何を組み合わせていくかっていうのは非常に大事な考え方だと思う。
特に情報過多の時代だからね。何を組み合わせるかが大事。
 
マクドナルド家(本当の創業者)が時代に置いていかれたのもこれだからね。
 
③大事なのは根気

f:id:kazuloghard:20170911190013p:plain

あんまり精神論は好きじゃないんだけどね。
 
絶対欲しいと思ったものを諦めずに手に入れるように努力するっていうのは大事だと思う。
 
特にネットの副業っていうのは殆どの人が続かない。
 
1年以上続けられる人は5%くらいらしい。
逆に言えば、続けるだけで、上位5%に入れると思えば神ゲーだけどね。
 
続けるためのパッションを持ち続けることが大事だと思う。
 
この主人公は根気を持ち続けて、人妻まで取っているからね。笑
すげーーー!!
 
 
④今の時代は誠実さが大事
ここまで見ると、影響されやすい人はこの主人公のようにならないとビジネスでは成功できないって思いがちだと思う。
 
けど今の時代とマクドナルド創業の時代は違うんだよね。
 
昔はネットもなく、主人公のような強引なやり方、かつ本当の創業者が悲しむようなやり方も出来た。
 
けど今は違うんだよね。
 
まっとうに、極力悲しむ人が少ないやり方で競争をしていかなきゃいけないんだよ。
 
これからの時代はクリーンに、誠実に、っていうのは大事なキーワードだと思う。
 
 

まとめ

この映画はマクドナルドが大きくなった実話に基づくストーリー。
 
正直、主人公の傲慢さ、強引さが前面に出ているため、嫌いな人も多いと思う。
っていうかホトンドの日本人は嫌いかもしれない。
 
僕も最初見たとき、主人公はひどいやつだし嫌いだと感じたもんね。
なんなら本当の創業者のディック・マクドナルドとマック・マクドナルドに幸せになって欲しいもん。
 
けどいい人だけではやっていけない、情報の少ない人は置いていかれるという確かで非常な側面を上手に描いている。
 
是非見てみてください。
 
きっと考え方が変わるきっかけになりますよ。
 
では!!